ホルミシスとは

ある物質が高濃度・大量に用いられた場合は有害な物質となるのに対し、低濃度・微量に用いた場合に、有益な作用をもたらす現象を『ホルミシス』と言います。

低濃度を微量に使用するのは地球上の自然放射線であり、低放射線のホルミシス効果とは、身体が微量の放射線を受けると細胞などが刺激を受けて、その働きを活性化させ、毛細血管が拡張して新陳代謝も促進、免疫力や自然治癒力を高める効果が期待できる事をいいます。

意外な放射線の効果

放射線と聞くと、原子力発電の放射能が思い浮かぶと思います。確かに高濃度・大量の放射線を浴びた場合は人体にとってはとても有害な物質であることは確かです。低濃度・微量に浴びる場合には、抗酸化作用があることが解明されています。老化や様々な病の原因であるとされている活性酸素が、抗酸化作用により打ち消すことができるという有益な作用をもたらすことが判明しています。 この放射線のように大量に用いると人体に対して有害な物質であるのにもかかわらず、有害とならない量を用いることで、有害であるどころか有益な作用をもたらす現象のことを『ホルミシス』と呼びます。 この効果は、関節リウマチ、腰痛、神経痛、関節炎、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの症状の改善されたという紹介が多々あります。その他、がん予防・治療向上、アルツハイマー、パーキンソン病などへの効果も期待されています。 しかし、低濃度・微量の放射線がホルミシスをもたらすとただ漠然と言われても放射線に対する『放射線は危険なもの』という印象は払拭されないと思います。なので、ここで放射線のことについて紹介したいと思います。

自然放射線は日常に存在している

実は放射線は日常的に浴びていることはご存知ですか? 放射線は宇宙・地殻(放射性物質)からもたらされています。このことから、屋外には常に放射線を発生させているものが存在していることがわかります。この日常的に浴びている放射線のことを自然放射線と呼びます。 この自然放射線の年間被曝量は環境により違いはありますが約2.4ミリシーベルトと言われています。 よく例として出てくるのが、東京ーニューヨーク間の航空機での移動中の被曝量があります。これは、航空機が上空を飛行することでより高濃度の宇宙線を浴びることで地上にいるよりも被曝量が高くなるという例です。 しかし、その被曝量は1往復あたり0.2ミリシーベルトと非常に低い数値であることから、人体への影響はありません。 ちなみに、世界的に自然放射線量が高いとされている国・地域での自然放射線量は、約15ミリシーベルトであるということが判明しています。 さらに、この自然放射線量が高いとされている一部の国・地域ではがんによる死亡率が他の地域よりも低いという調査結果まであります。

人体に害のない放射線量はどれくらいなのかる

人体に害のない数値として、自然放射線量の約10万倍以下であれば細胞修復等のメカニズムを使うことで、人体に対してなんの悪影響も及ぼさないということが裏付けられています。また、100ミリシーベルト以下の環境下では、治療の必要な症例が報告されていないことから、100ミリシーベルトが人体への影響は少ないと考えられる被曝量であると判断できると言えます。

自然放射線は日常に存在している

実は放射線は日常的に浴びていることはご存知ですか? 放射線は宇宙・地殻(放射性物質)からもたらされています。このことから、屋外には常に放射線を発生させているものが存在していることがわかります。この日常的に浴びている放射線のことを自然放射線と呼びます。 この自然放射線の年間被曝量は環境により違いはありますが約2.4ミリシーベルトと言われています。 よく例として出てくるのが、東京ーニューヨーク間の航空機での移動中の被曝量があります。これは、航空機が上空を飛行することでより高濃度の宇宙線を浴びることで地上にいるよりも被曝量が高くなるという例です。 しかし、その被曝量は1往復あたり0.2ミリシーベルトと非常に低い数値であることから、人体への影響はありません。 ちなみに、世界的に自然放射線量が高いとされている国・地域での自然放射線量は、約15ミリシーベルトであるということが判明しています。 さらに、この自然放射線量が高いとされている一部の国・地域ではがんによる死亡率が他の地域よりも低いという調査結果まであります。

ホルミシスの由来

低線量の放射線を細胞が受けると細胞内の水が電離し、活性酸素が発生し、それに対して応答反応つまり抗酸化酵素を生成するようになります。この細胞を刺激して活性酸素を打ち消す。まるでこの働きがホルモンのようであることから、【ホルミシス】と呼ばれるようになりました。このことから低線量放射線のことを放射線ホルミシスと呼ぶこともあります。